結婚の内祝は、紅白10本の水引で結んだ「結び切り」ののし紙を使用します。
「結び切り」とは、一度結ぶとほどけないことから、重ねて起きては困る、一度きりでよい「ことがら」の時に用いられます。
10本の水引は、5本と5本の2色の水引をあわせて10本にすることから、新郎新婦両家が一つにまとまることを意味すると言われています。

表書きは、「内祝」とするのが一般的です。「結婚内祝」や「寿」でもよいです。下段には両家の姓か新郎新婦の名前を連名で記すのが一般的です。

教会挙式など洋風な婚礼が多くなったことから、水引にこだわらずデザインのし紙を使用する場合が多くなっています。

御結婚のお慶びを華やかに彩るデザインをご用意しました。 (無料)

出産の内祝は、紅白5本や7本の水引で結んだ「花結び」(蝶結びともいいます)ののし紙を使用します。
結び目が何度も結び直せるとの意味合いから、何度も繰り返して子宝に恵まれるとの願いを込めています。
赤ちゃん誕生のお慶びを、水引にこだわらずかわいらしいデザインのし紙で使用する場合が多くなっています。 (無料)

快気の内祝は、紅白5本の水引で結んだ「結び切り」(固結びともいいます)ののし紙を使用します。

二度と繰り返さないようにとの願いを込めています。(無料)

※地域の風習による。

法事の引出物は、紺白5本の水引で結んだ「結び切り」(固結びともいいます)ののし紙を使用します。弔事として、一度だけとの意味があります。

故人を偲び、華を添えて贈りいただけますように、水芭蕉や百合、

桔梗などをあしらったのし紙も用意しております。(無料)